ゴムシート.comのスタッフブログ
「ゴムの木カフェ」

ゴムシート.comのスタッフブログ ゴムの木カフェ

現場スタッフ富田です!
ゴムシート大好きです!

今日は両面テープを貼って納品する事例です。
一般的な両面テープではなく、ブチルテープを貼っています。
ブチルテープはかなり接着力が強く、テープを剥がそうとするとゴムが裂けてしまうくらい強力です。

ゴムマットに両面テープを貼ります

▽左でテープを抑えながら右手に持ったブチルテープの巻を徐々に送って貼り付けています。このように抑えながら貼らないとテープとゴムの間に気泡が入ってしまいます。気泡が入ると両面テープの接着力を最大限に発揮できないので注意が必要です。

▽このように隙間なく貼り進めていきます。この強力両面テープは幅100mmですので継ぎ貼りしないといけないのです。強力なので貼り直しがしにくいため、ほぼ一発勝負で貼り進めていきます。

▽貼り終わりです。端から端までピチッと全面に貼った状態で梱包してお届けです。

両面テープの接着力を最大限に発揮するために

両面テープは完全接着をお約束するものではありませんが、便利に接着できますのでよくご依頼いただきます。両面テープの強度を出すためのちょっとしたコツがありますのでご紹介しますね。

1.貼り付け面の汚れや水分を拭き取って乾かしてください。油分を取り除く(脱脂)ことまでできればベストです。

2.冬場(およそ10~15度以下)では接着しにくいのでドライヤーなどでテープを温めてから接着する。

3.貼り付けたい面に接着した後、強く圧着する。

4.すぐに接着強度は出ませんので、24時間程度の養生が必要です。

細かに書きますと、「両面テープも面倒だ」という印象を与えてしまうかもしれませんが、両面テープメーカーさんも推奨している使い方ですので紹介させていただきました。

ここで一番お伝えしたいこと(お問い合わせが多いこと)は強力な両面テープほど初期接着力が弱いということです。一見して強度が出ているように見えても一定の負荷がかかるとズレてしまいます。そうならないためには上の「4.すぐに接着強度は出ませんので、24時間程度の養生が必要です。」が重要なのです。24時間は余裕を見た時間ですが、一晩くらい養生してあげればほぼ問題のない強度はでています。貼り付け面をきれいにして貼り付け後に圧着をされる方でも「24時間養生」は忘れがちなのでご注意ください。

テープ付きのご依頼はまずはお問い合わせフォームからご連絡くださいませ。
https://gom-sheet.com/order/

お客様の声

切り売りしても即日出荷!自社で在庫、加工、出荷までやってます。
ゴムシート・ゴムマットはゴムシートドットコム
スポンジシートはスポンジドットコム

材質確認用のカットサンプル

  • ゴムシート・ゴムマットの直接お引き渡し(大阪物流センター)
  • ゴムシート・ゴムマットの選び方
  • ゴムシート・ゴムマットの端材販売

ゴムシート.comのスタッフブログ「ゴムの木カフェ」

ようこそ、ゴムの木カフェへ!

ゴムシート.comはゴムシートの製造販売を通じて、現場の方々のお力になれることを願って運営しております。

https://www.gom-sheet.com

BLOG MENU
TAG CLOUD
CALENDAR
<<2020年10月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
STAFF

ゴムシート.comは
ゴムシート・ゴムマットを
即日出荷で
日本全国にお届けします!