ゴムシート.comのスタッフブログ
「ゴムの木カフェ」

ゴムシート.comのスタッフブログ ゴムの木カフェ

現場スタッフ富田です!
ゴムシート大好きです!

厚さ20mmのリサイクルゴムのカット事例です。20mmをお客様の現場でカットされるのは困難ですので、カット工賃はいただくことになりますが、ご依頼される方が良いかと思います。手作業では思ったよりも大変な作業なのです。

ゴムシート.comではこのようにカットします

▽ご指定の寸法にもよりますが、今回はまず半分に粗切りしました。ここは手作業です(後述します)

▽機械にかける前の微調整です。ここも手作業です(後述します)

▽丸ナイフ裁断機にゴムを押し込むようにして裁断しています。

▽このような短冊状に仕上がりました。

▽このように梱包して出荷しています。

私たちには丸ナイフ裁断機がありますので、カットそのものの時間はそれほどかかりません。その前段階として、48kgのリサイクルゴムを作業台に持ってくる労力と時間もありますし、お客様の現場では広げるスペースの確保も必要でしょうから、「切る」ことだけをイメージされているととんでもなく大変な作業になってしまうのです。

厚さ20mmになるとゴムマットが重い、さらに分厚いのでなかなか切れない、広げるスペースの確保が必要

ざっと考えただけで3つの問題をクリアしないといけないのです。それでもどうしても現場でカットする必要が出た場合には次のような方法でお試しください。

お客様が現場で厚さ20mmのゴムをカットされる場合

以前のブログ記事でもご紹介しましたが、下記の方法が最も良いかと思います。詳細は下のリンク先から記事をご参照ください。

厚いゴムシートをカッターナイフで切る方法
https://gom-sheet.com/blog/article/2487

繰り返しになりますが、ご想像を超える労力がともないます。少し動かすだけでもゴムマットが重くて動かないですし、ちょっとしたことが思うようにできないのです。

私たちにできることがあればぜひお力にならせてください。よろしくお願いいたします。

ご注文時に気になるのが納品日だと思います。いつ届くのか、それ次第でお仕事の段取りが大きく変わることもあるでしょう。ゴムシート.comでは即納を謳っていますが、明日は出荷しているの?今日は何時まで出荷できるの?などすぐに知りたい情報がたくさんあるかと思うのです。そのため、画面上で出荷日の目安を表示しています。

ご注意いただきたいのは、あくまで「目安」ということです。ほとんどのケースで表記通りもしくは表記より早い出荷をしていますが、「量」によっては当日出荷がでいないこともあります。

出荷日の目安はこちらに表示されています

下記、目立つ場所に出荷日表示がされています。クリックもしくはタップで注意書きが表示されますので、ぜひご確認くださいませ。

当日11:59までが当日出荷の表示、12:00以降は翌日出荷に表示が切り替わります。しかし、当日出荷は12時以降も可能な場合がございますので、お急ぎの場合はお電話、メールなどでご連絡をいただくか、ご注文時の備考欄にメッセージをお願いいたします。可能な範囲で当日出荷させていただきますが、難しい場合もございますのでご理解くださいませ。

短納期のご依頼時によくあるご質問をご紹介いたします。

「いつもお願いしているゴム屋さんで納期が間に合わないので、今回だけゴムシート.comにお願いすることは可能ですか?」

はい、もちろん喜んで承ります!常日頃からご依頼されているゴム屋さんとのご関係がお有りかと思います。私たちとの取引が継続前提でないとしても(1回限りのちょっとギリギリな短納期だとしても)、ご期待には出来る限りお応えしたいと思っています。私たちをどのように使っていただいても全力でがんばりますので、ご遠慮なくご連絡くださいませ。

よろしくお願いいたします!

お問い合わせはこちらから
https://gom-sheet.com/order/

現場スタッフ富田です!
ゴムシート大好きです!
でもたまに疲れることもあります

今日の記事はグレーチングお届け時の荷姿です。ただし例外です。

何が例外なのか?

グレーチングはほとんどのケースでメーカー直送のためメーカーさんの指定する荷姿でお届けしています。今回のようにゴムシート.comの物流センターから出荷することが例外なのです。ですので、本記事でご紹介する荷姿は例外ですのでご注意くださいませ。ゴムシート.comからの出荷をご希望される場合は追加納期1~2日と別途運賃をお願いしております。

グレーチングをゴムシート.com物流センターから出荷する荷姿

前述したようにほとんどはメーカー直送ですが、ご希望に応じてゴムシート.comから出荷しています。

・お届け先の前面道路が狭い
・荷下ろし人員を揃えられない

などの理由があって宅配ご希望の場合には対応させていただきます。ただし、追加納期1~2日と別途運賃をお願いしておりますのでご了承くださいませ。個口数が増えますため、別途運賃がかなり高額になる場合がございます。

以下、グレーチングが届いてから梱包するまでの過程です。
自分で言うのは申し訳ないですが、丁寧に梱包しているかと思います。

▽メーカーさんからゴムシート.com物流センターにグレーチングが届きました

▽スポンジの残材で丁寧に梱包いたします。

▽解けないようにPPバンドで固定いたします。

▽スポンジシートとPPバンドでがっちりと固定しています。

▽このような荷姿で佐川急便さんにお渡しいたします。

以上のように梱包しています。

このくらい梱包しておけば、配送時に万が一落下したとしても本体のグレーチングに大きな影響はないかと思います。また金属部材がむき出しでないため、宅配ドライバーさんが持ちやすくケガをしにくいので安心ですね。もちろん、お届けから設置までにしばらく日数がある場合も安全に置いとくことができますね。

日々のゴムシートの出荷で培った梱包技術(?)でグレーチングも優しく包み込んでおります!

現場スタッフ富田です!
ゴムシート大好きです!

今日は加工事例です。ゴムマットの角を丸くする「R加工」のご紹介です。

角を丸くする理由はなにか?

理由は様々に考えられますが、

・角が丸い方が安全
・作業台マットとして使う場合に机の角の丸みと合わせたい
・デザイン、設計上の問題

などの理由がほとんどだと思います。

実際に角を丸くしたゴムマットはこちら

▽4つの角をすべて丸く加工しています。

▽しっかりと丸く加工されています。(R=35)

▽このように切断面がなめらかです。(R=35)

どのようなサイズ、厚みも角を丸くできるのか?

角を丸くする加工はすべて機械加工で行っております。私たちが自社で可能なサイズは1M×2Mまでのゴムマットです。これを超えるサイズは機械に載せられないため角を丸くするR加工はできないのです(機械の加工最大範囲を超えてしまうのです)厚みは10mmまでが正確に加工できる厚みです。厚さ15mmまで出来ないことはありませんが、負荷が強くかかるためあまり積極的に行っておりません。

作業台に敷く、作業台の角の丸みに合わせたR加工や部材用のゴム製品などでは充分なサイズだと思いますが、長尺のゴムなどでは角を丸くする加工はできませんためご理解ください。

上の事例ではR=35といいまして、半径35mmの円形に角を落としています。このくらいのR加工だとしっかりと角が丸くなりますね。加工最大範囲内であれば、Rの寸法は自由に設定できます。どのくらいか分からない場合は手書きで「このくらいで」と言っていただければそれに近い寸法で作図してご覧いただけますのでご安心ください。お気軽にお問い合わせくださいね。

角を丸くするR加工がご希望の場合はお問い合わせフォームからお見積りのご依頼をお願いいたします。
https://gom-sheet.com/order/

LINEでお問い合わせいただけるようになりました!

実は数か月前に設定したいたのですが、設定ミスがあり機能していませんでした。その間にお問い合わせいただいた方には深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。

LINEでのお問い合わせはスマホから可能です。

ゴムシート.comをスマホで見ていただいて、そのまま図面などのやり取りをさせていただく場合はLINEが便利ですね。代表メールに送っていただかなくてもLINEで納品まですべて完結することも可能です。

今さら感のあるLINE対応ですが、ぜひご活用いただければうれしいです。

現場スタッフ富田です!
ゴムシート大好きです!

今日は天然ゴム両面エンボスタイプのご紹介です。ベーシックな天然ゴムの次にご注文数が多い大人気ゴムです。厚みと幅のラインナップはベーシックな天然ゴムには劣りますが、その中でも大人気の厚さ5mm×幅1600mmのご紹介です。

トラックマットに最適なサイズ

ここでいうトラックは軽トラックではないトラックのことです。軽トラックの荷台サイズは1400×2100程度でして、そのサイズも規格がありますが、今日は主に1600×3100でご依頼をいただく普通サイズのトラックの荷台のお話です。(トラックの荷台サイズは様々ありますのでご注意ください)

一般的なゴムシートの規格幅は1000mm(1M)ですので、幅1600mmを敷き詰めるためには1000+600もしくは800+800のように2枚分割になるのが普通です。しかし、トラックの荷台で2枚分割になると1枚重量が軽くなり過ぎてズレやすくなってしまいます。ズレを直すのはストレスですよね。。。そのため1枚ものが好まれます。

ゴムシート.comではベーシックな天然ゴムで厚さ3mmと5mmは幅2000mm(2M)まであります。ここから幅1600mmにカットすることは可能です。または本日のメインである天然ゴム両面エンボスタイプは幅1600が規格であります。同じ幅1600をご依頼いただくことができるのですが、大きな違いがあります。

・2000mm→1600mm カット工賃が必要
・1600mmのまま カット工賃が不要

上の理由から規格幅1600mmがある天然ゴム両面エンボスタイプは割安にご注文いただけるのです。

トラックマットサイズにカットする様子

▽幅1600のエンボスゴムを広げて長さを計測しています。

▽エンボスゴムの表面です。全面に細かなザラザラ加工がされています。

▽長さの計測が終わりカッターナイフで切断です。

▽このように梱包してお届けです。

規格幅1600mmはそのままですが、ピタリ1600mmというわけではありません。若干の余尺(0~20mm程度)があることがほとんどです。その余尺も一定ではないため、お届けするゴムシートは直角や直線が出ていないです。これはこのゴムに限ったことではなく切り売りのゴムについてはすべて幅はそのままで出荷しております。予めご了承くださいませ。

トラックの荷台にゴムシートを敷く理由はキズ防止や滑り止めが多いかと思います。トラックの荷台マットをお探しの方はぜひよろしくお願いいたします。

天然ゴム両面エンボスはこちら
https://gom-sheet.com/item/new/detail/natural_sibo.html

現場スタッフ富田です!
ゴムシート大好きです!

今日は加工事例です。厚さ25mmのスポーツジムマットをカットしました。

室内にゴムシートを敷き詰める際はどうしても半端分が必要になる

500mm×500mmのスポーツジムマットを室内に敷き詰める際に最後まできちんと同じサイズで敷き詰められることは少ないでしょう。最後だけ300mmにとか、最後だけ150mmにとか、どうしても半端分が必要になるかと思うのです。そんなときはその分だけをカットしないといけませんが、厚さ25mmのスポーツジムマットをきれいにカットするのは大変な作業です。カッターナイフで切れないことはありませんが、思ったよりも重労働になるかと思います。

そのため、半端分が100mm以下くらいだとそこにはマットを敷かない方もおられます。そこにトレーニング機器が置かれることはないでしょうし、その端っこでフリーウェイトのトレーニングをすることはないでしょうから、敷かなくても大きな問題はないということです。

しかし、敷かない面積が大きい場合には敷かれた方が良いでしょうね。ゴムシート.comではスポーツジムマットのカットも承っておりますのお気軽にお問い合わせくださいませ。


厚さ25mmのスポーツジムマットを切ってみました

私たちがカットした仕上がりをご紹介いたしますね。

▽このような寸法にカットいたしました。(すでにカットされています)

▽厚さ25mmです。

▽カットした切断面を接写いたしました。美しくスパッと切断できています。

▽このようにカットいたしました。回転する鋭利な丸ナイフにスポーツジムマットを押し込むようにして切断しています。

私たちはこのようにして丸ナイフを搭載して工作機械で切断しています。カットした場合には別途カット工賃をいただいております。お客様ご自身がカッターナイフでもがんばれば切れますが、切断面は上の写真のように美しくならないです。それでも良い場合にはご自身でカットされた方が安上がりです。ご予算と作業のご負担のバランスを考慮されてご依頼をお願いいたします。

お見積りフォームはこちら
https://gom-sheet.com/order/

お問い合わせをお待ちしております!

ご自宅の駐車場に全面穴あきゴムシートを敷いていただきました。

■商品名
全面穴あきゴムシート(黒)10mm×900mm×10M

■枚数
2本

■お客様名
A.N

土の駐車場は泥がはねて人も車も汚れるのがイヤ

土のままの未舗装の駐車場では雨天時や雨天後にぬかるみが出来てしまいます。このぬかるみは厄介でして、泥がはねて人や車が汚れます。ぬかるみ度合いがひどいて歩きにくいですし、車のタイヤもとられて空転することもあります。汚れるだけでもストレスなのに車の出入りにも影響があるのはとってもストレスですよね。そのような問題を抱えてらっしゃった方に全面穴あきゴムシートを敷いていただきました。

▽雨天後のぬかるんだ状態です。お車を出された際のタイヤの痕跡がありますね。

▽乗用車がゆっくり慎重に動かしてもぬかるんだ土はかなりえぐられています。

▽応急処置でゴムシートを敷かれましたが、そのゴムの上に水が溜まってしまうので泥水がはねてしまいます。

▽全面穴あきゴムシートを敷いていただきました。泥はねやタイヤの空転もなくなり快適にお使いいただいてます。

ぬかるみ対策 泥はね対策 歩行や走行を快適に!

上の事例は全面穴あきゴムシートが本領を発揮出来るご用途でした。通常のゴムとの大きな違いは文字通りに穴があ空いていることですので、泥水や雨水がゴムシートの上に溜まらないのです。そのため、雨天後すぐでも快適に歩行や走行ができます。また全面穴あきゴムの表面はザラザラとしていますので滑り止め効果が非常に高く、裏側に突起があるため適度なクッション性もあります。

細かなことを申し上げるなら、日光や空気や水を通しますし昆虫なども自由に動き回れるので、土壌を痛めることなく健全な状態に保つことも出来るのです。

ただし、ハンドルの切り返しなどゴムシートに局所的な強い負荷がかかると破れる可能性があります。上の事例写真では20日程度使っていただいた状態で汚れているだけで破れは見られませんが、前進後進ともにまっすぐお車を動かされることが多いということもあるでしょう。

このたびはありがとうございました!

現場スタッフ富田です!
ゴムシート大好きです!

今日は加工事例です。キャンプ用品で使うグッズのゴム製の部品です。ゴム製のスペーサーの役割を果たす部品です。

キャンプ用品のゴム製スペーサーの加工

下記のような複雑な形状を加工いたしました。

詳細な寸法はお伝え出来ませんが、厚み10ミリのエンボスゴムに強力な両面テープを貼って加工しています。複数の形状がありますが、すべて同じご用途でお使いのご予定です。

「図面があれば後は機械がやってくれる」と思われがちですが、美しく仕上げるためにはいくつかコツがあります。ゴムの巻き癖を取る、両面テープを貼ってすぐに加工しない、加工スピードの調整、刃物の微調整などです。試作を何度かさせていただいてましたので、美しく仕上げることができました。

お問い合わせから納品までの流れ

1.お見積りフォームからお見積りのご依頼をいただく

2.お見積回答をする

3.ご発注をいただく

4.図面を作成する

5.加工を開始する

6.納品

順にご説明します。

1.お見積りフォームからお見積りのご依頼をいただく

下記ページからお見積りのご依頼をお願いいたします。
https://gom-sheet.com/order/

この際に材質や厚みが決まってなくてもご用途を詳細にお教えいただけましたら、こちらからご提案をさせていただきますのでご安心ください。複雑な形状の場合は手書きのスケッチをいただけると非常にありがたいです。

2.お見積回答をする

ゴムシート.comからお見積り回答をいたします。メールでご依頼いただいたメール回答、FAXでご依頼いただいたらFAX回答しております。お見積りするにあたって分からないことあればお電話させていただく場合がございます。

3.ご発注をいただく

お見積内容(金額、納期など)に問題がなければご発注をお待ちしております。納期短縮のご希望や数量変更などございましたら些細な事でもご連絡くださいませ。事前にお問い合わせいただく方がトラブル回避でき安心かと思います。

4.図面を作成する

ゴムシート.comで加工図面を作成いたします。複雑な形状の場合は作図後に承認をいただくケースもございます。ご協力をお願いいたします。

5.加工を開始する

加工開始前に現場に材質と厚みの連絡をしていますので、加工への移行はスムーズに行われます。そのため驚くような短納期も可能なのです。図面と同時に材質と厚みの指示がきているようではそこからの在庫の確認や材料の切り出し、テープ貼りなど様々な仕事が一気に現場に落とし込まれるので慌ただしくなります。そのため事前に連絡をして隙間時価案を活用して段取りを済ませています。

6.納品

梱包と出荷も気を抜くことなく全力です。お届けは運送会社さんですが、梱包は私たちの大切な仕事です。お客様のお手元に届いた商品がぐちゃぐちゃになっていたら落胆してしまいますよね。そのため、梱包にも気を遣っております。当り前のことなのですが、こだわるポイントでもあるはずですから大切にしています。


複雑な形状でも抜型を製作する必要がありませんので、1コでもご遠慮なくご依頼くださいませ。

現場スタッフ富田です!
ゴムシート大好きです!

大変ご迷惑をお掛けしていましたが、欠品していたゴムシートがすべて入庫しました。

▽入庫前に倉庫を整理しますと広いスペースが空きました。

▽入庫後はこのように所狭しとゴムシートが置かれました。

上の写真は作業場ではなく倉庫です。もう少し広い倉庫がもう一つと作業場兼倉庫があります。ですので写真は在庫のごく一部です。

有難いことに入庫待ちのご注文もたくさんいただいておりましたので、入庫後は出荷ラッシュでした。本来は欠品がないようにきちんと管理しないといけませんね。ただ、同じ材質で同じ厚みを大量にご注文いただきますと一時的に欠品する可能性がございます。その時は申し訳ございません。。。

ゴムシート.comのスタッフブログ「ゴムの木カフェ」

ようこそ、ゴムの木カフェへ!

ゴムシート.comはゴムシートの製造販売を通じて、現場の方々のお力になれることを願って運営しております。

https://www.gom-sheet.com

BLOG MENU
TAG CLOUD
CALENDAR
<<2020年12月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
STAFF

ゴムシート.comは
ゴムシート・ゴムマットを
即日出荷で
日本全国にお届けします!